循環器内科

循環器内科とは

循環器内科のイメージ写真

心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを循環器と呼んでいます。循環器内科では、心臓に生じる不整脈や狭心症、心筋梗塞、心不全、血管に生じる動脈硬化や動脈瘤などを対象とし、主に薬物治療や生活指導を行います。患者様も状態によっては、循環器外科とタッグを組んで治療を進めます。

このような症状の方はご相談ください

  • 胸が締め付けられるような違和感を覚える
  • 歩行中や運動時に胸が苦しくなる
  • 動悸が収まらないことがある
  • 血圧が高めだ
  • 脈が乱れたり、飛んだりする
  • 横になったときなどに息苦しくなる
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 気を失ったことがある
  • 手足や顔面、首などがむくんでいる
  • 健康診断などで心臓などの異常を指摘された など

高血圧

高血圧は、文字通り血圧が正常範囲を超えて慢性的に高く維持されている状態です。日本人にはとても多く、医療機関を受診せずに放置されている方もいらっしゃいますが、早めの治療が肝要です。放置していると、その高い圧力によって血管壁にストレスが掛かり、動脈硬化が生じて狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳卒中の原因になったりします。

不整脈

心臓は1日に約10万回も拍動しており、時には規則正しくない電気信号によって不規則な動きをしてしまうことがあります。つまり、不整脈は誰にでも起こり得るのですが、一刻も早い治療が必要となる症例もあります。主な原因は、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患など、心臓に起因する病気です。甲状腺異常や肺に病気がある人も、不整脈になりやすい傾向があります。しかし、心臓に関係無く、老化や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、疲労などによっても不整脈は起こりやすくなります。いずれにしても、一度は専門医による詳細な診断を受け、危険な兆候が無いか確認しておくことが重要です。

狭心症

狭心症は、心臓の周囲に張り巡らされている冠動脈の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る病気です。動脈硬化などが原因となって冠動脈の血管が狭くなり、心臓への血流が一時的に滞るために発症します。こうした状態を放置していると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、生命にもかかわる危険な状態になったりします。そのため、病状が悪化する前に、しっかりと治療しておくようにしましょう。

心筋梗塞

冠動脈が詰まって血流が途絶えると、心臓の筋肉に酸素が供給されなくなり、やがてその領域の筋肉が死んでしまい、心筋梗塞となります。患者様によっては、激しい胸の痛み、呼吸困難などの症状が出現し、救急搬送されるケースも少なくありません。冷汗や嘔吐などの症状も現れます。ただし、高齢者や糖尿病患者では感覚が鈍って胸痛を自覚しないこともあり、なんとなく元気が無い、また吐き気などが主な症状であったりすることから、見落とされるケースもあります。

心不全

心臓の収縮・弛緩機能が低下し、全身の組織に十分な血液を送り出せなくなった状態です。患者様によっては突然出現しますが、多くはゆっくりと現れてきます。まず、血液を送り出す能力の低下による症状があります。疲れやすい、だるい、動悸がする、などです。さらに、鬱血による症状も見られます。肺に鬱血が生じると、息切れや息苦しさが起こり、体の各部分に鬱血が生じると、むくみが出ます。肝臓や胃腸に鬱血が起こって腫れてくると、お腹が張ったり、吐き気を催したり、食欲が落ちてきたりします。こうした症状の出方は、心不全の重症度によって異なってきます。